Menu

転職回数の平均

0 Comment

終身雇用制の崩壊以降、転職をする人が増え、会社を辞めるということに対して抵抗が少なくなった人が多いと思う。でも反面転職をする時には自分の過去の転職回数をことのほか気にすることは今も昔も変わっていないようだ。人って面白い。相対的に物事を判断して安心したり落ち込んだりする。不安が大きくなりすぎるとそれをなんとかしようとして、やってはいけない職務経歴を飛ばして書くというようなこともやってしまう。これ、本当にやらない方がいいですよ。どうせ年金や社会保険の記録を見ると、どこの会社に何年勤務していたかなんて簡単に調べられてしまいますから。嘘をつくななんて正論をかざすつもりは毛頭ないですけど、あまりに簡単にバレてしまうような嘘をつくのは無力だとアピールするのと同じですからね。それだったらいっそのこと自分の魅力をアピールすることを真剣に考えた方がいい。もしかすると過去に勤務していた薬局と、今度面接を受ける会社は取引がしたいと思っているかもしれない。だったら「私、その薬局に顔が効きますよ」くらいのことを言ったっていいと思うんです。そういう他力的なことだって実力のひとつなんですから。
マイナスポイントばかり見ていないで必ずあるプラスポイントに意識を向けてみましょうよ。

タグ: