Menu

経口と外用薬によるしみ治療

0 Comment

しみの治療を希望する女性は多くいるようですが主なしみの治療方法とはどんなものか調べてみました。

経口薬を利用したしみ治療は、最もオーソドックスな方法だといいます。美白効果のある化粧品なども販売されていますが、もし半年以上効果がなければ、病院でのしみ治療のほうが効果的です。ビタミンCは、経口薬としてよく使われます。しみの原因になっているメラニン色素に働きかけて、しみを解消します。

しみや肝斑に有効なトラネキサム酸も経口治療に使われています。経口治療と合わせて行われるのが外用薬によるしみ治療です。ひとつはレチノイン酸とハイドロキノンです。表皮の中に溜め込まれてしまったしみはレチノイン酸での治療が効果的です。肌の細胞を活性化し、ターンオーバーのサイクルを正常にしていくことで新しい皮膚をどんどんつくっていらなくなった皮膚を増やし、しみの成分もいらなくなった皮膚と共に除去します。

ハイドロキノンは美白効果が高く、お肌を白くする効果があるため、塗り薬として併用していきます。医師から処方された薬は、言われた通りに使うことが大事です。間違えた使い方をすると肌に負担になるでしょう。

しみの治療を目的として、ケミカルピーリングをするという方法もあります。酸の入った薬剤を使い、皮膚の表面を剥ぎ取り皮膚が本来持っている再生能力を生かして新しい皮膚の細胞を再生するというしみ治療です。ケミカルピーリングによるしみ治療の後はしっかりと紫外線対策をすることが大切です。
大宮中央クリニック

タグ: , , ,