Menu

医者の不養生はなぜ起こる?

0 Comment

医者の不養生って言いますけど、医師に限らず専門家が自分の専門分野で失敗することってあるじゃないですか。他の誰よりもそのことについて知り尽くしていて、そうならないための方法も知っている。でも病気に罹ったり、怪我をしたり、悪事に嵌ったりしてしまう。
たぶんですけど、これらって油断からくるんですよね。油断です。
驕った気持ちといってもいいかな。とにかく自分だけは大丈夫という、どこか根拠のない考え方が長く続くとそうなってしまうわけです。
他にも理由はあると思いますよ、もちろん。でもその理由の根っこにあるのは油断なんじゃないかな。
油断大敵って言うし、やっぱり心の隙に厄介が舞い込むわけ。よく言うじゃないですか。「魔が差した」って。
このことを言うんでしょ。
でも実際に忙しすぎて休みも取れず、ずっと患者さんやそのご家族と関わっている医師ってたくさんいます。
驕った気持ちじゃなくても病気になりやすい状況が続くわけですから、医師こそ人一倍健康に気を使わないとやっていけない仕事なのかもしれませんね。